クーリングタワー の解析
クーリングタワーの性能は、定常状態での冷水の温度によって評価することができます。この重要なパラメーターは、クーリングタワー内の冷却水と空気との熱交換を正確にモデル化することによって計算が可能になります。
三次元の流れ、浮力、排気ガスの流れ込み、横風などの影響を考慮することによって高い精度が得られます。
B&B-AGEMA は、これらの効果を考慮し、市販のCFDコードにリンクすることができる計算モデルを開発しました。
特に湿式のクーリングタワーについては、蒸発プロセスや異なった冷却域(スプレー領域、冷却充填剤、水滴域)を考慮してカスタマイズされたモデルが組み込まれており、高い精度のモデル化が可能です。


"