CHTflow
CHT 分析のツール
CHTflow (Conjugate Heat Transfer and Flow analysis) は、熱流体の流れと固体部分の熱伝導を一体で解析する信頼が高いCFDソフトウエアです。例えば、タービン翼の外部流れ(高温ガス)と内部流れ(冷却空気)、金属部分(翼材料)の熱伝導とを同時に一体で計算する目的などに使います。

この一体解析の主な利点は、多くの場合に不明確である熱伝達率を予め与える必要がないことで、流れと熱伝達の相互作用を考慮しながら、局所の熱伝達率を計算できることです。

CHTflowは、複雑な研究プロジェクトや、例えば産業用ガスタービン用のフィルム冷却翼の改良などに長年にわたって使われてきました。フィルム冷却、蒸気冷却などに関する数多くの論文が、このサイトの発表論文リストにあります。

CHATflowはB&B-AGEMAによって継続的に発展され、非常に多くの産業用プロジェクトに適用されています。

下図は、CHTflowによるフィルム冷却ガスタービン翼の計算例です。