TDT
熱プロセスの設計ツール
TDT ソフトウエアは、複雑な圧縮プロセスや熱サイクルを設計をサポートするためのツールで、高速かつ効率的です。 数多くの流体 (CO2 、水素、水/蒸気、空気、ほか 30 種類以上)やそれらの混合流体の特性データを内蔵して、実在ガスの挙動に対応します。熱プロセスのパラメータは図示され(例えば、エンタルピ/エントロピ線図、温度/圧力線図など)、高精度な熱特性の表も出力されます。対話形式のユーザ-・インターフェイスを備え、熱プロセスの設定についての個々の要求に応じるために、多くのオプションを持っています。例えば TDT は、発電プラントのCCS技術に適用するため、多段の CO2 圧縮機(中間冷却器付き)のプロセスの最適化にも使用されています。

さらに詳しい情報と適用事例はこのプレゼンテーションをご覧ください。

TDT に興味をお持ちの方のご連絡をお待ちしています。
また、試用のための割引価格も設定できます。